ふり子

【第1回】Jongororoの日常〜ふり子〜

みなさん初めまして!

3月からインターン生として Jongororo事業に携わらせて頂いている並河と申します。

 

私は主にJongororoのオペレーションやマネジメントを行っております。

周りからはふり子と呼ばれているのでぜひふり子で覚えてもらえると嬉しいです!

 

(写真右から3番目)

 

 

これはとある日のお昼休みに従業員らと撮った写真です。

みんなめちゃくちゃカッコつけていますね。。。笑

 

 

さてさて、このブログではJongororoスタッフの紹介や彼らの勤務中の様子、またこのプロジェクトに対する彼らの思いなど現場の声を発信していきたいと思っております。

 

早速ですがみなさんこのプロジェクトの名前「Jongororo」って何のことだか分かりますか??

まず何語なの!?と思いますよね。

実はこの「Jongororo」は英語でもキニアルワンダ語でもありません。

この名前はルワンダで雨季によく見かける黒いウジ虫のことを弊社社長、綾子さんの娘さんがジョンゴローロと呼び始めたのがきっかけなんです。

語呂がとっても可愛らしいですよね!

 

 

さて、この画像加工プロジェクトですが現在は女性スタッフ2人と男性スタッフ5人、計8人で行っています。

 

写真からもわかるように常に皆ハイテンションで、特に男性陣はもう皆中二病と言っても過言ではありません。笑

勤務中に急に奇声を挙げたり、急に踊りだしたりします。

いつも、ここはクラブじゃないんだよw

と思いますね。笑

 

また何かお願い事をしても文句を言ってなかなか言うことを聞いてくれません。

ただここで大事なのがきちんと彼らの言い分を聞き、話し合う時間を設けることです。

こちらが彼らの声に耳を傾けることで彼らのことを理解しようとしていて、全て彼らのために行っているということに気づいてもらえます。

その上でもう一度説明をして理解してもらいます。

 

また彼らには実は真面目な一面もあり、自分でプログラミングの勉強をしていたり、日本語教室に通っていたり、また一眼カメラでの撮影を研究していたりと仕事以外でも皆それぞれ趣味に打ち込んでいます。

 

 

勤務中はこんな風に向かい合わせになって音楽をかけながら楽しく作業をしています。

作業中は常に会話が飛び交いとっても賑やかです。

(賑やかすぎる時もありますがw)

 

また従業員同士でお互いにミスを指摘し合い、一つのチームとしてお互い協力し合っています。

 

ジョンゴロのルールとしてオーダーを納品し終わるまでは全員帰宅できないというルールがあります。同僚がまだ仕事をしているのに自分だけ帰宅する従業員はいません。

 

作業が終わってチェッカーが最終チェック・納品作業をしている間は役割分担をしてオフィス内の掃除、また日本語のタイピング練習などを行い、時間を有効活用しています。

 

 

次回以降は掃除の様子、昼食作りの様子、また従業員紹介を行ない彼らの魅力をたくさんお伝えしていきたいと思います!!

 

それではまた次回お会いしましょう!

 

Jongororoへのオーダー、またグラントお待ちしております。

ご関心のある方はこちらのメールアドレスまでご連絡下さい。

admin@egates-africa.com

 

Image result for SDGs ロゴ